書籍

【鈴木祐】ヤバい集中力

こんにちは、つむぎです。

今回は鈴木祐さんの『ヤバい集中力』について紹介したいと思います。

鈴木祐さんは年間に6000本という大量の論文を読む、別名パレオな男、メンタリストDaiGoさんのリサーチ協力している方です。この書籍はエビデンスたっぷりで見ごたえのある内容でした。

この書籍を読むと以下の事が分かります。

  1. 遺伝子にプログラムされている2つのシステムとは?
  2. 人間が注意散漫な理由
  3. 人生の成功に最も必要なスキルとは?
  4. 集中力の高め方

 

①遺伝子にプログラムされている2つのシステムとは?

人間の心は2つに分かれている。例をあげるとキリスト教の天使と悪魔が有名です。ダイエットしているのにケーキが食べたくなった時・・・

天使→『今はダイエット中だから我慢しようね』

悪魔→『ダイエット中だけど美味しそうだから食べようよ』

と自分の中で理性と本能がぶつかり合う事があると思います。

本書では、この人間の心の分断を調教師という比喩表現で表します。

とは、人間の本能、衝動的な行動を司る、辺縁系という脳の部分が働きます。少ないエネルギーで大きな力を発揮、マルチタスクであらゆる刺激に反応します。街で偶然知り合いに遭遇した時に、相手の顔を見て性格、過去の出来事、名前、特徴を瞬時に引き出し会話を始めます。

調教師とは獣と正反対です。人間の理性を司る、前頭前皮質という脳の部分が働きます。多くのエネルギーを消費するが、パワーは小さい。1つ1つ論理立てて考えるシングルタスクで、獣の力には勝てません。太るとわかっているけどケーキを食べてしまうのがいい例です。

この調教師という2つの力を理解し、人間の体の中に宿っている調教師を上手に飼いならす事で、ヤバい集中力が手に入れる事ができます、という流れで本書は進んでいきます。

②人間が注意散漫な理由

人間は長い事、狩りをして生きていました。人間のプログラムは、その狩猟採集時代の環境に適したものになっています。近代化が急激すぎて、現代に適したプログラムへのアップデートが間に合っていないのです。

原子時代に食料は貴重でした。獲物が取れなければ食べる物がない。だから体に取り込まれたエネルギー源、特にエネルギー効率の良い糖分は出来るだけ蓄える。それが食料が豊富な現代では、糖尿病の原因になっている。

獣(本能)も原子時代に適したプログラムであります。貴重なエネルギーをいかに効率よく使うかで生死を分けました。獲物が取れないとき、伝染病にかかった時、いざという時にエネルギーを温存しておかないと確実に死を迎えるからです。だから脳も省エネルギーになるために複雑なものを避けるようにプログラムされています。

情報が多く変化の激しい複雑な現代では、人間は高度で負荷のかかる認知機能が必要なのに、複雑なものを避けるように出来ているので、目の前の仕事に集中できないのです。

人間は注意散漫がデフォルトなんだね!

 

③人生の成功に最も必要なスキルとは?

調教師=理性をコントロールする事が出来れば、獣を上手に飼いならす事が出来ます。

つまり自己コントロール能力を高める事=誠実性を高める事が出来ます。

誠実性が高いと集中力も上がり、人生において高いアウトプットが可能になります。

 

④集中力の高め方

1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45

 

と題しまして、本書では合計45個の集中力の高め方が紹介されています。ざっくり紹介すると・・・

  • カフェインを摂取する
  • テアニンを摂取する
  • 地中海食を食べよう(野菜、フルーツ、魚介類、オリーブオイルなど)
  • 脳に良い食べ物(玄米、ナッツ類、豆類、ベリー類、鶏肉、ワインなど)
  • 脳に悪い食べ物(バター、マーガリン、お菓子、加工肉、揚げ物など)
  • 目的のわからないタスクを減らす
  • ちょっと難しいタスクに取り組む事
  • 簡単過ぎる、難しすぎるタスクはやらない事
  • 場所、音、デジタル環境、環境整備する事
  • 休息を上手く利用する・・・などなど

エビデンスに基づき多数紹介されています。

もっと詳しく知りたいとおもった方は、本書を手に取ってみてはいかがですか?

 

⑤感想

人間進化論、エビデンスに基づき、原始時代に適した人間のプログラムが、現代社会でいかにミスマッチを生んでいるか、詳しく書かれていました。

確かに息子と近所の公園に遊び行っても、メガネをかけてる小さい子が多いなと思いました。広大な自然の中で生きていた人間は、スマホやタブレット、TVの画面を長時間見るのに適してなさそうですもんね。

また原始時代の労働時間は週20~28時間だった様で、現代人は週40時間以上働くのにはまだ適していないそうです。やはり、体の事を考えると定時退社って大切なんですね。1日8時間×5日で40時間ですもんね。

集中力が続かない、ついだらだらTV,Youtubeを見てしまった、仕事が残っているのに飲み会に行ってしまった。アニメが面白くて勉強に集中できない!何て私はダメな人間なんだ!!!!

と自責の念にかられている方は、この人間のプログラムと現代のミスマッチの知識があるだけで救われるのではないでしょうか?

これは現代社会に不適合なプログラムのせいだ

と客観的に知り、自分を責めずに本書の45ある対策からいくつか試していくと解決していけるのではないかと思いますし、その方が自己肯定感も高まると思います。

集中力を高め人生を豊かにしたい、おすすめの1冊でした。学ぶって楽しい。

最後まで御覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
つむぎ
30歳男性 年収400万円 平凡サラリーマンブログデビューしました。脱社畜に成功、次は脱ノウハウコレクター目指して活動中。嫁1人、子供1人の3人暮らし。読書が趣味。豊かな人生目指して日々勉強中。書籍紹介を通して、少しでも誰かの為になる情報発信が出来たらいいなと思います。